未分類

2021部分月食いつ?時間や方角・天気は?肉眼で観れる?大阪・名古屋・東京・京都・福岡

部分月食
スポンサーリンク

2021年11月19日、夕方から夜にかけて、全国各地で部分月食を見ることができます。

今回の部分月食は限りなく皆既に近い部分月食(98%隠れる)と言われており、

このような部分月食が日本全国で見られるのは140年ぶりとのこと!

これは是非観たいところですよね!

今回は部分月食の時間帯を地域ごとに(札幌・仙台・東京・名古屋・京都・大阪・広島・福岡・那覇)、方角、肉眼で観られるのか、また地域ごとの天気についてまとめました。

スポンサーリンク

【2021年11月19日】ほぼ皆既の部分月食が全国で観測可能!

月食の仕組み

月食は、月が地球の影に入ることによって起こります。

  • 皆既月食:地球の影によって全て隠れる
  • 部分月食:一部が隠れる

月食には上記の2種類がありますが、今回は下の「部分月食」に該当。

ただ、月の約98%が地球の影に隠れるため「ほぼ皆既の部分月食」と言われています。

国立天文台によると、今回より前に「98%程影が入った部分月食が全国的に観測できた」のは、なんと1881年(明治14年)

そして今回よりも割合が大きく、全国各地で部分月食が次に見られるのは、

次は2086年11月21日(99.2%)

なのだそうです。

これは是非とも観ておきたいところですね!

スポンサーリンク




2021部分月食はいつ?時間帯は18時02分54秒がピーク!

2021年11月19日の部分月食の時間帯は以下の通りです。

部分月食の時間
  • 部分月食の始まり:16時18分24秒頃(東京)
  • 月の出     :16時27分36秒頃(東京)
  • 月の最大    :18時02分54秒頃(全国共通)
  • 部分月食の終わり:19時47分24秒頃(全国共通)

ピークは18時02分54秒(全国共通)

となります。

その後はすぐに影から出始める為、この時間は見逃せませんね!

また、「ピーク時間」や「月食の終わり」の時間は全国でほぼ共通していますが、

部分月食の「始まり」や「月の出」は地域によって多少異なります。

地域ごとの時間帯は、こちらを参考にして頂ければと思います。

地名 月の出 部分月食の始まり 食の最大 (ピーク時) 部分月食の終わり
  時刻 時刻 月の高度 時刻 月の高度 時刻 月の高度
那覇 17:35 月は地平線の下 18時02分54秒 5度 19時47分24秒 27度
福岡 17:10 9度 30度
大阪 16:48 14度 34度
京都 16:45 14度 35度
名古屋 16:42 15度  
東京 16:27 17度 38度
仙台 16:17 16:18 0度 19度 39度
札幌 16:03 2度 20度 39度

※北海道や東北地方北部を除く地域では、月食の始まりは月が地平線の下にあり、見ることができません。

その為、月が欠けた状態で空に昇ってくる月出帯食(げつしゅつたいしょく)の状態となります。

スポンサーリンク




【2021年部分月食】方角は東北東!

2021年11月19日の部分月食の

方角は東北東

です。

ただ、今回の月食はとくに前半で月の高度が低いので、

東の空が開けた場所

で観察するのが良いと言われています。

事前に建物などがなく、よく見えそうな場所を確認しておくと良さそうですね!

スポンサーリンク




【2021年部分月食】肉眼で観られる?

今回の部分月食は

肉眼で観測することができます。

また、

写真撮影も可能

です!

そして、今回の部分月食がキレイに観られるかどうかを、地域ごとに示したものがこちらになります。

部分月食地域ごと

部分月食がキレイに観られるかどうかは、天候にもよってきます。

ウェザーニュースによると

19日は関東以西ほど晴れるところが多く、北日本や北陸、山陰地方でも観測のチャンスがある。「限りなく皆既に近い部分月食が日本全国で見られるのは140年ぶり。月食の継続時間は過去300年で最長レベル」

とのこと。

しかし、こちらは前日11月18日更新のものですので、当日の天気予報の最新情報も確認していきたいと思います!

スポンサーリンク




【2021年部分月食】天候(天気)の最新情報は?

こちらが、2021年11月19日お昼現在の最新情報となります。

部分月食の日の天気

夜は西日本から関東では高気圧に覆われ、広い範囲で月食を観察するには好条件となる見込みです。

ただ、関東の沿岸部では上空に薄い雲が広がる可能性があり、これがどの程度月食の観察に影響を及ぼすのか、空の様子を見守る必要があります。

一方、北海道付近を前線を伴った低気圧が発達しながら通過するため、北海道や東北地方の日本海側では荒れた天気になる見込みで、これらの地域は、今回の月食の観察は難しそうです。

19日夜はあたたかな服装で、月を見上げてみてはいかがでしょうか。

引用:日テレニュース(https://news.yahoo.co.jp/articles/5d5221478cb74c25accc91853d97e67be22a6730)

西日本から関東:キレイに観測できる可能性が高い

関東沿岸部:薄い雲が広がる可能性。様子を見守る必要あり

北海道・東北地方の日本海側:荒れた天気。観測は難しそう

ということです。

地域によって天候も変わる為、見え方が変わってしまうのは致し方ないですが、

少しでも多くの地域が晴れてほしいですね!

スポンサーリンク




【2021年部分月食】色は赤黒い色(赤銅色)?

一般的に、皆既月食の場合は、完全に影の中に入った月が赤黒い色(赤銅色)になって見えることが多いですが、

部分月食の場合、多くが影の部分の色は暗いだけではっきりしません

ただ、今回の部分月食では月の大部分(約98%)が影に入る為、

ピーク時には影の部分が色づいて見えるかも

しれないと言われています。

ちなみにこちらは2018年の皆既月食の時の写真。

2018年の皆既月食

皆既月食の場合は、上のような赤銅色の月食が見られます。

今回の部分月食については、どのような色に見えるかは予測が難しいようです。

今回の大変深い部分月食について、国立天文台の担当者は「大気の状態によってオレンジ色のような明るい色になったり、黒色に近い暗い色になったりするので、どう見えるかは予測ができない」としつつ、「どう見えるのかも当日の楽しみにしてほしい」と話している。

引用:産経新聞(https://news.yahoo.co.jp/articles/b4f1f6b94619508dd65d7a1d1cd0b18e50536aae)

どんな色に見えるのかも、楽しみですね!

スポンサーリンク




2021部分月食まとめ

今回は2021年11月19日の部分月食についてまとめました。

今回の部分月食は約98%が隠れると言われており、同じような部分月食が見られたのは

昭和7年(約90年前)にまで遡ります。

しかもこの時は全国的に観測することはできず、同じ割合の部分月食が全国的に観測できたのはなんと1881年(明治14年)!

是非この機会を逃さずに、珍しい部分月食を観測したいですね!

スポンサーリンク