未分類

東横線日吉駅で線路陥没(50cm大穴画像)!陥没原因や運転状況は?

スポンサーリンク

2021年12月13日、東急東横線の日吉駅付近(神奈川県横浜市港北区)で線路が陥没しました。

現場では50センチほど大きさの穴が空いているとのこと。

現場の状況や陥没画像・陥没の原因・それに伴う現在の運転(運行)状況について調査しました。

スポンサーリンク

【画像】東急東横線「日吉駅」付近で線路陥没!

2021年12月13日14:45頃、東急東横線の線路が陥没しているのが確認されました。

場所は日吉―元住吉間(ほぼ日吉駅)となります。

 13日午後2時45分ごろ、東急東横線日吉―元住吉間で、保線区から異常が発生したと運転指令に連絡があった。保線の巡視担当者が現場を確認したところ、線路内に直径50センチほどの陥没が見つかった。深さは調査中。同電鉄は、東横線武蔵小杉ー菊名間と目黒線武蔵小杉-日吉間で運転を見合わせている。

引用:https://www.tokyo-np.co.jp/article/148594

陥没は、安全点検中の職員が見つけたとのことで、けが人は確認されていないとのことです。

 

スポンサーリンク




【東横線元住吉〜日吉間】線路陥没画像は?50〜60cmの大穴!

現場の陥没状況はこちらになります。

現場では、枕木の下に敷く「バラスト」という砂利に、50〜60センチの大きな穴が空いているとのこと。

現在、砂利を埋め直す復旧作業が行われています。

スポンサーリンク




【東急東横線】線路陥没の原因は?

東急東横線の線路陥没の原因について、現段階でははっきりしたことはわかっていません。

穴の深さについても調査中とのこと。

引き続き調査の上、新しい情報が入りましたら追記していきます。

スポンサーリンク




【運転状況】線路陥没による電車運転見合わせ影響は?

東急電鉄によると、今回の陥没によるけが人などは確認されていないそうですが、

東急東横線では一部運転を見合わせています。

17:00時点で運転を見合わせているのは

  • 東横線武蔵小杉ー菊名間
  • 目黒線武蔵小杉-日吉間

で、上下線ともに運休しています。

16:20時点で東横線

  • 副都心線内ー武蔵小杉駅間
  • 菊名駅ー元町・中華街駅間

で折り返し運転を実施しています。運転再開は未定。

目黒線

地下鉄線内ー武蔵小杉間

で折り返し運転を実施。

こちらも運転再開は未定です。

 

【追記】17:30に運転再開の見込みとのことです!

 

スポンサーリンク