皇室関連

佳子さまの仕事内容や給料はいくら?年収1,000万超えで収入源は皇族費!

佳子さまの仕事内容や給料
スポンサーリンク

眞子さまの結婚により、その後の公務内容について注目されている佳子さま。

そんな佳子さまの仕事内容や給料は、どれくらいなのでしょうか。

また、調査すると年収は1,000万超えで、収入源には皇族費も含まれていることが判明しました。

この記事では、

  • 佳子さまの仕事内容や給料・年収
  • 佳子さまの収入源

こちらについてまとめています。

スポンサーリンク

佳子さまが仕事をしない期間があったのはなぜ?【ニート】

佳子さま出典元:Twitter

佳子さまは、2019年3月に国際基督教大学を卒業。

大学院に進学する予定もなかったため、通常であれば2019年4月から就職する形となります。

しかし、佳子さまの就職が決定したのは2021年5月のこと。

大学卒業 2019年3月
本来であれば就職する時期 2019年4月
実際に就職した時期 2021年5月

つまり、大学を卒業してから約2年後に就職したことになりますね。

ちなみに、姉の眞子さまは大学卒業後に東大総合研究博物館にて勤務していました。

約2年間、就職しなかった理由については公務の多さが原因とも言われています。

Twitter出典元:Twitter

佳子さまが大学を卒業した2019年の間の、公務の回数がこちら。

  • 1月:5回
  • 2月:4回
  • 3月:11回
  • 4月:10回
  • 5月:10回
  • 6月:9回
  • 7月:4回
  • 8月:3回
  • 9月:9回
  • 10月:10回
  • 11月:6回
  • 12月:12回

なかには海外に行っているものもありました。

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、公務が激減したとも言われています。

一般の社会人であれば、月に勤務する日数は土日を除く約22日間ですよね。

その回数に比べたら、確かに佳子さまの公務の回数は少ないかもしれません。

しかし、やはり立場的にも大変ですし、海外でも公務もあったのでやや負担があったかもしれませんね。

また、他にも佳子さまは留学したときに舞台芸術を専攻。

大学在学中にもダンスをしていたので、公務と並行してダンス関連に就職するのか考えていた時期だったかもしれません。

しかし、ダンス関連のものも新型コロナウイルスの影響で中止や延期の連続。

この影響もあり、ダンス関連の仕事は諦めた可能性があります。

スポンサーリンク




佳子さまの勤務先の場所はどこ?現在の仕事内容や給料はいくら?

佳子さまの勤務先の場所はどこ?

佳子さまは、2021年5月から一般財団法人『全日本ろうあ連盟』の非常勤嘱託職員として勤務することが発表されました。

会社名:全日本ろうあ連盟

住所:新宿区山吹町130

『全日本ろうあ連盟』の主な事業内容はこちら。

  • 手話通訳の認知・手話通訳事業の制度化
  • 聴覚障害を理由とする差別的な処遇の撤廃
  • 聴覚障碍者の社会参加と自立の推進

全日本ろうあ連盟は、47都道府県に加盟団体があります。

のちに詳しくご紹介しますが、佳子さまは週3回勤務することが決定しています。

そのため、通える範囲から考えると東京都新宿区の可能性が高いです。

ちなみに、就職先として決めた理由は、公務がきっかけかと思います。

また、佳子さまご本人が積極的に就職の相談をしていたという情報も。

以前から手話を通して公務を行っていたことから、関心があったのではないでしょうか。

佳子さま出典元:Twitter

また、就職する前にも2021年2月からインターンとして勤務。

ちなみに、佳子さまの雇用契約は2022年3月31日までとなっていますが更新も出来るそうです。

スポンサーリンク




現在の仕事内容や給料はいくら?

佳子さま出典元:Twitter

一般財団法人全日本ろうあ連盟は、過去にアルバイトを募集していました。

その時の情報はこちらです。

  • 勤務日:月曜日から金曜日
  • 勤務時間:午前9時から午後5時
  • パソコンの基本操作が可能なこと
  • 手話言語によるコミュニケーションに意欲があること
  • ろうあ運動に理解や興味があること

一般事務の求人内容になりますが、佳子さまの仕事内容もこのような内容かと思います。

しかし、コロナウイルスの影響で当面はテレワーク。

佳子さまは、週3日ほど勤務しています。

ちなみに、皇族が働いて収入を得ることは法的に問題はありません。

ただ、収入に対しては通常のように所得税が発生します。

スポンサーリンク




佳子さまの年収がすごい!収入源は?

佳子さま出典元:Twitter

佳子さまの年収は、果たしてどれくらいなのでしょうか。

一般財団法人全日本ろうあ連盟の求人によると、給料はこのように発表されていました。

給与等:時給1,013円

(時間外手当、社保完備、その他交通費等は連盟規定による)

勤務時間が、朝9時から夕方5時なので8時間。

休憩時間を1時間として、7時間と仮定します。

時給1,013円×7時間=7,091円

こちらが、1日分の給料となります。

佳子さまは週3回の勤務のため、週3回×4週(1か月)で12回。

この場合、

7,091円(1日分)×12(日分)=85,092円

となります。

1か月分の給料が85,092円となることがわかりました。

つまり、年収にすると、

85,092円(1か月分)×12(1年分)=1,021,104円

ということになります。

そのため、約102万円が佳子さまの年収となります。

他にも佳子さまは『皇族費』というお金がもらえます。

こちらは一般的に、『生活費』にあたるもの。

佳子さまはこの金額がなんと915万円。

つまり、佳子さまの年収は、

約102万円(一般財団法人全日本ろうあ連盟)+915万円(皇族費)=1017万円

となることがわかりました。

一般財団法人全日本ろうあ連盟の年収のみ考えると生活するのは厳しい金額。

しかし、皇族費を合算すると生活には余裕がありそうですね。

スポンサーリンク




まとめ

佳子さまの仕事内容や給料について、まとめてみました。

2021年5月に、一般財団法人全日本ろうあ連盟に就職することが発表された佳子さま。

こちらの給料については、年収だと大体102万円くらいということが判明しました。

また、調査すると皇族費もあるため、佳子さまの年収は1,000万超えということもわかりました。

今後の情報にも注目したいと思います。

スポンサーリンク