スポーツ選手

嘉村健士の家族構成や幼少期の生い立ち&経歴は?父母弟のイケメン顔画像やエピソードも

嘉村健士の家族構成
スポンサーリンク

東京オリンピックの日本代表に選出された、バドミントン選手の嘉村健士(かむら たけし)さん。

高校時代の同級生・園田啓悟さんとのダブルスで活躍しており、今大会でもメダルの獲得が期待されています。

一方、そんな嘉村健士さんのご家族や生い立ち・経歴についても気になりますよね。

そこで今回は、

  • 嘉村健士さんの家族構成
  • 嘉村健士さんの父親・母親・兄弟の顔画像や年齢、職業、エピソード
  • 嘉村健士さんの幼少期からの生い立ちや経歴

について調べてみました!

スポンサーリンク

嘉村健士の家族構成は4人!

嘉村健士さん家族出典:Twitter

嘉村健士さんの家族構成は、両親と弟の4人家族です。

父親:嘉村泰博

母親:嘉村律子

長男:嘉村健士(本人)

次男:嘉村昌俊(弟)

調べてみたところ、家族全員がバドミントン経験者のバドミントン一家でした!

それでは、1人ずつ家族に注目して詳しく見ていきましょう。

スポンサーリンク




【顔画像】嘉村健士の父親も元バドミントン選手!【エピソード】

まずは嘉村健士さんのお父さんについて見ていきます。

嘉村健士さんのお父さんは、嘉村泰博さん。

2021年6月現在で58歳です。

写真はこちら。

嘉村健士さんの父・泰博さん出典:西日本スポーツ

とてもダンディーで優しそうなお父さんですね!

泰博さんの詳しい経歴はわかりませんでしたが、健士さんが生まれる前からバドミントンに熱中していたとのことです。

妻・律子さんも同様で、夫婦でともに地元・佐賀県唐津市のクラブチームに通って、バドミントンに励んでいました。

そして、1990年に健士さんが、翌91年に弟・昌俊さんが誕生します。

両親は、幼い頃から健士さんをクラブチームに連れて行っていたようです。

「私たちがプレーするときは健士を籠に入れ、仲間に見てもらった。健士は始めたのは小学2年生と言うが、実際はもっと前からラケットを握り、家でも庭先にひもを張ってネット代わりにして遊んでいた」

引用:西日本スポーツ

このように、健士さんは生後間もない頃から両親のもとでバドミントンに触れていたのですね。

幼少期の嘉村健士さんと家族出典:西日本スポーツ

とても優しいお父さんのようで、2020年6月、コロナ禍の影響で東京オリンピックの選考期間が変更になった際には、次のように語っていました。

「五輪が手が届くところまで来ていたのに。息子が一番不安だと思うので心配している」

引用:西日本スポーツ

息子を思う親心ですね。

父・泰博さんもかなり心配されていたと思うので、無事オリンピックの代表に選出されて本当に良かったですね!

また、泰博さんは、健士さんのプレーについて次のように評しています。

「今ではよく言われるが、高校の時から健士はあちこちから手が伸び、千手観音のようだなと。他の子たちと違って低空戦を仕掛けるのも面白かった」

引用:西日本スポーツ

お父さんも本当にバドミントンが大好きで、健士さんを自慢の息子だと思っていることがわかりますね!

スポンサーリンク




【顔画像】嘉村健士の母親が美人!母も元バドミントン選手だった!【エピソード】

次に、嘉村健士さんのお母さんについて見ていきます。

嘉村健士さんのお母さんは、嘉村律子さん。

2021年7月現在で58歳です。

写真はこちら。

嘉村健士さんの母・律子さん出典:西日本スポーツ

とても美人なお母さんですね!

律子さんも詳しい経歴はわかりませんでしたが、泰博さんと同様にバドミントンに熱中する人物だったようです。

幼い頃から両親のクラブチームについて言っていた健士さんは、小学2年生の時に両親の友人・円城寺文雄さんが指導する小中学生のクラブ「七山モンキーズ」に入って、本格的にバドミントンを始めました。

週に3~4回、練習場である七山中学校の体育館まで健士さんを車で送迎するのが、律子さんの役目だったようです。

また、泰博さんによると、自宅で健士さんの特訓の相手をするのも律子さんの役目だったのだとか。

「折りたたみ式のネットを居間の座敷に張り、妻が投げたシャトルをネット際に打ち返していた。たまに障子を破ることもあったけど、狭いところで練習したからラケットさばきがよくなったのでは」

引用:西日本スポーツ

お母さんによるこのような特訓の甲斐があって、現在の健士さんのプレースタイルや類まれな技術が身についてのですね!

両親は全力で健士さんを支えていたことがわかります。

嘉村健士さん家族出典:Twitter

2020年6月には、健士さんの活躍について次のように語っています。

「親がバドミントンの名選手ではなかったのに、すごく頑張っていて楽しませてくれるので感謝しかない。五輪に行かせてあげたいと思うけど、本人は重圧を感じていると思う。出た結果を受け止めたいです」

引用:西日本スポーツ

健士さんの活躍に、バドミントン好きだった両親は本当にうれしいでしょう。

オリンピック出場が決まり本当に良かったですね!

スポンサーリンク




【顔画像】嘉村健士の弟もイケメン!弟もバドミントン選手だった!【エピソード】

続いて、嘉村健士さんの弟さんについて見ていきます。

嘉村健士さんの弟さんは、嘉村昌俊さん。

嘉村健士さんより2歳年下なので、2021年7月現在で29歳です。

写真はこちら。

嘉村健士さんの弟・昌俊さん

健士さんとソックリで、イケメンですね!

昌俊さんもお兄さんと同じくバドミントン選手です!

健士さんとともに自宅での特訓に励んでいたといいます。

幼い頃からバドミントンを始め、兄の背中を追って切磋琢磨しながら強くなったのですね。

しかし、昌俊さんは2021年1月31日をもって、残念ながら現役を引退しています。

引退報告する嘉村昌俊さん出典:Twitter

昌俊さんは、兄である健士さんについて次のように語っています。

「兄は面倒くさがりだけどやるときはやる。選手だけでなく人としても心から尊敬できる」

「きつさを見せないのも強さだと思う。昔は比較されて嫌だったけど、今は兄の応援をお願いしますと言える」

引用:西日本スポーツ

選手として、人としてお兄さんを尊敬しているという昌俊さん。

兄弟の仲の良さが伝わってきますね!

スポンサーリンク




嘉村健士の生い立ち&経歴を調査!

最後に、嘉村健士さんの生い立ちや経歴を詳しく紹介します。

嘉村健士のプロフィール

  • 名前:嘉村 健士(かむら たけし)
  • 生年月日:1990年2月14日(2021年7月現在31歳)
  • 出身地:佐賀県唐津市
  • 身長:169㎝
  • 体重:65㎏
  • 血液型:O型

嘉村健士さんは、先述のようにバドミントン選手の両親のもとに生まれました。

幼少期の嘉村健士さん出典:西日本スポーツ

幼少期は病弱で喘息持ちだったという嘉村健士さん。夜中に救急病院に連れていかれたこともあるようです。

体力づくりのために両親に水泳をさせられたものの、辞めたがっていたといいます。

一方で、バドミントンへの興味は大きくなり、小学2年生で地元のクラブ「七山モンキース」に入って本格的にバドミントンを始めます。

初出場の大会ではダブルス3位という好成績をおさめました。

中学校までは地元の公立学校に通った嘉村健士さんですが、高校はより高みを目指して、バドミントンの強豪である熊本県立八代東高校へと進みます。

高校時代に、現在もペアを組む園田啓悟さんと運命の出会いを果たします。

嘉村健士さん・園田啓悟さんペア出典:YouTube

スポンサーリンク




大学は、早稲田大学スポーツ科学部へと進学。

在学中の2008年・2010年の2回、インカレのダブルスで優勝するなどの成績をおさめました。

大学卒業後はトナミ運輸のバドミントン部に所属。

2013年には初めて世界選手権の日本代表に選出され、2016年の香港オープンでスーパーシリーズ初優勝を果たしました。

嘉村健士さん出典:www.yonex.co.jp

しかし、2016年のリオデジャネイロオリンピックでは代表入りを逃し、一時は引退も考えたと言います。

ところが、その後も着々と実力を伸ばし、数々の大会で記録を残したことで、東京オリンピックの日本代表に内定しています。

現在、園田啓悟さんとのダブルスでメダルの獲得が期待されています。

競技中の嘉村健士さん出典:www.nikkei.co.jp

スポンサーリンク




嘉村健士の家族構成や生い立ち・経歴まとめ

今回は、嘉村健士さんの家族や生い立ち・経歴について調べてきました!

嘉村健士さんの家族は、両親と弟の4人家族で、全員がバドミントン経験者でした!

両親ともに、嘉村健士さんの活躍を全力で支えていることがわかりましたね。

また、弟・昌俊さんは、惜しまれつつも引退されましたが、健士さんと切磋琢磨して成長してきたバドミントン選手でした。

とても暖かい家族に支えられて活躍を続ける嘉村健士さん。

今後の活躍が楽しみですね!

スポンサーリンク