未分類

眞子さま複雑性PTSDの病気で結婚生活が心配?治療方法や回復期間・原因を調査!

スポンサーリンク

2021年10月1日、秋篠宮家の長女・眞子さまと小室圭さんが、10月26日に結婚することが宮内庁から発表されました。

また同時に、眞子さまが複雑性PTSD(心的外傷後ストレス障害)の状態になっているとの発表もあり、国民からは多くの心配の声があがっています。

今回は眞子さまの病気・複雑性PTSD(心的外傷後ストレス障害)とは何か、症状や病気の原因、治療方法、回復にかかる期間やネットの声について調査しました。

スポンサーリンク

宮内庁が眞子さまの「複雑性PTSD(心的外傷後ストレス障害)」を公表

2021年10月1日、宮内庁より眞子さまと小室圭さんが10月26日に結婚することが発表されました。

10月26日には眞子さまと小室圭さんがお2人で記者会見をされるとのことです。

そして今回、結婚発表と同時に眞子さまが

「複雑性心的外傷後ストレス障害(PTSD)」の状態にある

ことも公表されました。

 

複雑性心的外傷後ストレス障害(PTSD)とは?

PTSD(心的外傷後ストレス障害)には

  1. PTSD
  2. 複雑性PTSD

の2種類があります。

PTSDとは

PTSDは単発的な出来事によって発症するもので、例えば

  • レイプなどの暴行を受けた
  • 目の前で人が亡くなるのを見た

など(一時的な)トラウマになるような出来事があって発症します。

 

複雑性PTSDとは

一方、複雑性PTSDは

反復的、長期的なトラウマによって引き起こされるもので、例えば

  • 家庭内暴力
  • いじめ
  • 児童虐待

など、トラウマとなるような体験を繰り返すことで発症します。

眞子さまはこちらの「複雑性PTSD」に該当すると言われており、

一般的な症状としては

  • 感情が不安定になる
  • 人とうまく付き合えない
  • 自分には価値がないと思う

といった症状が出ると言われています。

会見に同席した精神科医によると、

眞子さまは結婚後、平穏で幸福な生活を送りたいという願いが不可能となってしまう恐怖を感じるようになられ、悲観的になり、集中力の低下や焦燥感、無気力などの症状がある

とのこと。

また、

ご自分を価値がないものと考えたり、以前に比べると他人との関係を避けられることがある

とも報じられています。

これを受けて、ネットでは心配の声が多くあがっています。

スポンサーリンク




眞子さまの病気・複雑性PTSD(心的外傷後ストレス障害)の原因は?

眞子さまのPTSD(複雑性心的外傷後ストレス障害)の原因は

眞子さまご自身と家族、結婚相手と家族に対する、誹謗(ひぼう)中傷と感じられる出来事が長期的に反復され、逃れることができないという体験をされた

ことにあると正式に発表されています。

具体的にはおそらく

  • 小室圭さんの母親の借金問題
  • 小室圭さんに対する批判的な声
  • 秋篠宮家への批判の声
  • 小室圭さんとの結婚に反対する国民の声
  • 一時は家族にも結婚を反対されていた(最終的には認めてもらえた)

などが原因となっているのではないかと思われます。

眞子さまは、2018~19年頃から、

  • 誹謗中傷をただすことが難しい
  • 状況を変えることが困難である

という無力感を感じる状態だったそうです。

スポンサーリンク




眞子さまの病気・複雑性PTSD(心的外傷後ストレス障害)の治療方法は?

眞子さまの病気である「複雑性PTSD」の治療方法についてですが、

一般的には

  1. 認知行動療法
  2. 対人関係療法
  3. 薬物療法

の3つに分けられるようです。

またこの病気の治療には、身近な人がこの病気を理解し、支えることが重要と言われており、

眞子さまの場合は特に

結婚後の新しい家族のサポートが不可欠

と言われています。

ただでさえ、女性が結婚して新しい家族と生活することはストレスになることが多いと言われるなか、

眞子さまは今回の結婚によって

  • 皇籍を離脱し、民間人になる
  • 海外という(知らない土地)で暮らす

ことになります。

環境の変化があまりに大きい為、その分ストレスも大きくなる可能性がありますよね。

その為、

家族など一番近い周りの人の理解と協力の上で行う認知行動療法が回復のカギを握る

と言われています。

小室圭さんのサポートがとても重要になってきそうですね。

眞子さまのことを大事に守ってあげて欲しいです。

スポンサーリンク




眞子さまの病気・複雑性PTSD(心的外傷後ストレス障害)の治療期間は?

PTSDの治療期間は?

PTSDであれば、一般的には3ヶ月程度で自然回復することが期待できるようです。

ただ、中には1年以上続き慢性化してしまうケースもあるのだとか。

割合でいうと

  • 治癒率:75%
  • 慢性化率:25%

と言われているようです。

 

複雑性PTSDの治療期間は?

それに対し、眞子さまが診断を受けた「複雑性PTSD」の治療は

そう簡単に治るものではない

とも言われています。

そう語るのは、複雑性PTSDに詳しい精神科医の和田秀樹氏。

複雑性PTSDは、気の毒なほど虐待を受けてきた人が多く、長期的なカウンセリングが必要になってくるのだとか。

また、複雑性PTSDは日本で治療ができる専門家は少ない為、アメリカに行った方が良いとも言います。

アメリカの方が治療できる医師が多いようですね。

ただ、複雑性PTSDは虐待を受けてきたような人が、仕事も就けず、性格も安定しないなどの症状が出るほど深刻なケースが多いとも言います。

眞子さまは、病名公表の直前まで公務をされていましたので、そこまでのケースではなさそうですが、何れにせよしっかり治療して、早めに回復してくれることを祈るばかりです。

スポンサーリンク




ネットの反応は?

https://twitter.com/asa_M0905/status/1443931108102459397?s=20

 

ネットでは様々な声が出ていますが、眞子さまを応援する声も多く出ています。

こういった声援の声が、眞子さまにしっかり届いてくれる良いですね。

スポンサーリンク




まとめ

今回は眞子さまの病気・複雑性PTSDについて調査してきました。

回復までに少し時間はかかるかもしれませんが、

回復のカギとなるのは家族など一番近い周りの人の理解と協力ということですので、

小室圭さんのサポートがとても大事になってきそうです。

早く回復して、2人には幸せな結婚生活を送ってほしいですね。

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク