スポーツ選手

水谷隼の家族構成や幼少期の生い立ち&経歴は?父母兄弟の顔画像や職業・エピソード!

水谷隼の家族構成
スポンサーリンク

日本卓球界のエースである、プロ卓球選手の水谷隼(みずたに・じゅん)さん。

4度目の出場となる東京オリンピックでは、伊藤美誠(いとう・みま)さんとの混合ダブルスで、金メダルを獲得されました!

卓球の混合ダブルスは新種目であり、日本初・世界初の金メダルということになります。

そんなメダリストの水谷隼さんを支えた家族も気になりますよね。

そこで今回は、水谷隼さんの家族や幼少期からの生い立ち・経歴について調べてみました!

スポンサーリンク

水谷隼の家族構成は5人!

水谷隼さんと家族出典:tr.twipple.jp

水谷隼さんは、静岡県・磐田(いわた)市の出身。

家族構成は、両親と兄・妹の5人家族です。

  • 父親:水谷 信雄さん
  • 母親:水谷 万記子さん
  • 長男:水谷 雄城さん(兄)
  • 次男:水谷 隼さん(本人)
  • 長女:水谷 茉央さん(妹)

水谷隼さんは3人兄弟の真ん中ですね。

調べてみたところ、家族全員が卓球経験者の卓球一家でした!

それでは、1人ずつ注目して見ていきましょう。

スポンサーリンク




【顔画像】水谷隼の父親・母親も元卓球選手で現在の職業は?

水谷隼の父親はヤマハ勤務のサラリーマン!

水谷隼さんのお父さんは、水谷信雄(のぶお)さん。

2021年7月現在で61歳です。

写真はこちら。

水谷隼さんの父・信雄さん

とても優しそうなお父さんですね!

2017年時点の情報ですが、信雄さんはバイクで有名な「ヤマハ発動機」に勤務するサラリーマンのようです。

「ヤマハ発動機」の本社は、水谷隼さんの実家がある静岡県磐田市にあるので、信雄さんも本社勤務の可能性が高いですね。

ヤマハ発動機出典:Wikipedia

61歳ということもありますので、もしかすると現在は退職されているかもしれません。

 

水谷隼の父親は卓球団体の代表も!

さらに、信雄さんは元卓球選手で、地元に卓球団体の「豊田町卓球スポーツ少年団」を設立し、その代表も務めています。

少年団の設立は、隼さんが5歳の時。

信雄さんは当時、社会人の卓球クラブで活動していましたが、同年代の子を持つ親が多く、また福原愛さんの人気にも影響されて、子供の卓球クラブを作ったのです。

指導中の水谷信雄さん出典:あなたの静岡新聞

隼さんはすぐに少年団に入り、5歳で卓球を始めました。

ちなみに、後にダブルスを組む伊藤美誠さんも、この少年団で腕を磨きました。

一方、このような経緯で卓球を始めた隼さんは、幼少期から卓球一筋かと思いきや、どうやらそうではないようです。

信雄さんは隼さんに、卓球以外にもいろいろなスポーツを経験させていたのです。

  • スキー
  • サッカー
  • ソフトボール
  • 水泳
  • 登山

その中で、隼さんが最後まで続けたのが卓球でした。

水谷隼さんの父・信雄さん出典:blog.livedoor.jp

そんな信雄さんの卓球の指導は、とても厳しいスパルタでした。

当時のことについて、隼さんは次のように語っています。

「怒られた記憶しかない。心の中ではやめたいと思っていた」

「スパルタだったから嫌々でも練習した。絶対に試合に勝って、親を見返してやる気持ちだった」

引用:中日新聞

とても厳しい指導に、内心はやめたいと思っていたという隼さん。

別の取材では、「あの頃には戻りたくない」とまで言っていました。

しかし、その指導があったからこそ、現在の隼さんの活躍があるのでしょうね!

幼少期の水谷隼さん出典:naminamilife.com

東京オリンピックで金メダルを獲った際には、信雄さんは取材に対して次のように答えています。

「うれしすぎて眠れなかった。うれしい余韻が残っている。」

「小さい頃からオリンピックで金メダルと言っていたので、それを実現できて感無量。」

引用:TBS NEWS

小さい頃からの夢だった金メダルに、とても感動したことでしょう。

幼少期からの厳しい指導が報われた瞬間でもありましたね。

東京オリンピック後の水谷信雄さん出典:YAHOO!ニュース

スポンサーリンク




水谷隼の母親は経営者!

水谷隼さんのお母さんは、水谷万記子(まきこ)さん。

2021年7月現在で59歳です。

写真はこちら。

水谷隼さんの母・万記子さん出典:www.duchamp2018.jp

とてもキレイなお母さんですね!

万記子さんは現在、アスリートマネジメント会社「ファルコン」代表取締役を務めています。

これは2010年に設立された会社で、主に水谷隼さんのマネジメントを務めるとともに、水谷隼さん関連の本やDVD、レトルトカレーなども販売しています。

株式会社ファルコン株式会社ファルコンHP

2010年以前は何をされていたのかは詳しくわかりませんが、専業主婦だった可能性が高そうですね。

スポンサーリンク




水谷隼の母親は卓球団体のコーチも!

さらに、万記子さんも元卓球選手であり、現在は先述の「豊田町卓球スポーツ少年団」のコーチとしても活動しています。

万記子さんは若い頃からスポーツが大好きでしたが、当時は女性アスリートが少ない時代。

スポーツ選手になるという夢すら抱けなかったと言います。

その経験もあり、子供たちには思いっきり好きなスポーツをさせたいと思っていたようです。

水谷隼さんと母・祖父出典:アスリートママ

そんな万記子さんの指導は、信雄さん同様とても厳しいものでした。

監督の父、コーチの母は絶対的な存在。「はい」と従うしかなかった。

引用:中日新聞

さらに、万記子さんは指導の一環として、隼さんの利き手を右手から左手に矯正したのです。

左利きの方が卓球において有利であるという考えからでした。

結果として、左利きで大活躍する選手に成長した隼さん。

万記子さんの卓球と息子に対する熱意が伝わってきますね!

このように隼さんを育て上げた経験を生かして、地元磐田市では講演会も行われているようです。

万記子さんの講演会出典:いわた女性部会だより

是非聞いてみたいですね。

隼さんが東京オリンピックの金メダリストとなった際には、万記子さんは取材に対して次のように答えました。

「こんなに幸せなことはない。感謝しかない」

引用:読売新聞

息子の活躍が本当に誇らしいことでしょうね!

水谷隼さんの母・万記子さん

スポンサーリンク




【顔画像】水谷隼の兄弟は兄と妹で元卓球選手!現在の職業は?【エピソード】

水谷隼の兄はコーチ!

水谷隼さんには、お兄さんと妹さんが1人ずついらっしゃいます。

水谷隼さんのお兄さんは、水谷雄城(ゆうき)さん。

2021年7月現在で34歳です。

写真はこちら。

水谷隼さんの兄・雄城さん出典:Twitter

水谷隼さんにとてもよく似ていて、カッコいいですね!

似すぎているため、兄弟で互いに間違われることがとても多いようです。

雄城さんは現在、卓球のコーチとして活動されています。

静岡県卓球協会の公認コーチ一覧に、万記子さんとともに名前が載っています。

静岡県卓球協会の公認コーチ一覧出典:静岡県卓球協会

 

先述の「豊田町卓球スポーツ少年団」でも、コーチをされているとのこと。

雄城さんは、隼さんとともに幼少期から卓球をしていました。

現役時代も卓球を続けていたようですが、ヘルニアになってしまったという情報もあり、そのために引退してコーチになったよではないかと言われています。

幼少期の水谷隼さんと兄・雄城さん出典:www.duchamp2018.jp

ちなみに、2021年7月26日、隼さんが東京オリンピックで金メダルを獲った日の夕方、なんと兄の雄城さん夫妻にはお子さんが誕生したとのこと。

弟の金メダルと子供の誕生で、本当に幸せな1日だったのではないでしょうか?

スポンサーリンク




水谷隼の妹も卓球選手!

水谷隼さんの妹さんは、水谷茉央(まお)さん。

2021年7月現在で28歳です。

写真はこちら。

水谷隼さんの妹・茉央さん出典:朝日新聞

目元などはお母さんにそっくりで、かわいいですね!

茉央さんは、2018年時点では「磐田信用金庫」に所属する選手として活動していたことが確認できます。

現在は詳しくわかりませんでしたが、「磐田信用金庫」で働いている可能性が高そうです。

茉央さんが卓球を始めたのも幼少期から。

「家族全員が卓球をやっているから」という理由で始めたようです。

卓球の強豪・浜松商業高校で腕を磨いた後、大学は中央大学へと進みます。

大学時代は卓球部の主将も務めるなど、卓球の腕はかなりのものだったようです。

水谷隼さんの妹・茉央さん出典:中央大学

リオデジャネイロオリンピック後の取材では、満面の笑みで次のように語っていました。

大事なところで卓球の神様が兄の方を向いてくれた。兄を尊敬します!

引用:朝日新聞

世界で活躍する兄を、とても尊敬しているのですね!

東京オリンピックでの金メダルも、本当に嬉しかったことと思います。

スポンサーリンク




水谷隼の幼少期からの生い立ちや経歴を調査!

最後に、水谷隼さんの生い立ちや経歴を紹介します!

水谷隼のプロフィール

  • 名前:水谷 隼(みずたに・じゅん)
  • 生年月日:1989年6月9日(2021年7月現在32歳)
  • 出身地:静岡県磐田市
  • 身長:172㎝
  • 体重:63㎏
  • 血液型:B型

水谷隼さんが卓球を始めたのは、5歳の時。

両親が設立した「豊田町卓球スポーツ少年団」に入り、卓球人生をスタートさせました。

先述のように、幼少期はサッカーやソフトボール、水泳など、いろいろな習い事をしていました。

その中で、最後まで続けたのが卓球でした。

早くも小学1年生で頭角を現し、全日本卓球選手権バンビの部で準優勝しています。

小学生時代の水谷隼さん出典:アスリートママ

その後も着々と実力を付けていった水谷隼さん。

小学校までは、地元である静岡県磐田市の学校に通っていましたが、中学・高校は青森県の私立高校である青森山田中学・高校へと進みました。

この学校は福原愛さんなども輩出している卓球の強豪校で、練習環境を考えて12歳で家を出たのです。

中学2年生の時には、全日本卓球選手権ジュニアの部で史上最年少優勝

さらに日本代表の強化選手にも選ばれ、ドイツ留学も経験しています。中学生での代表入りも史上初です。

中学生時代の水谷隼さん出典:JIJI.COM

高校に上がってからは、国内の同世代では敵なしの状態となり、国際大会にも出場するようになります。

高校1年生の時、史上最年少で世界選手権の代表に選出されます。

さらに、高校時代は再びドイツに長期滞在し、卓球の腕を磨きました。

高校生時代の水谷隼さん出典:Rallys

その後、スポーツ推薦で明治大学へと進学。

明治大学の卓球部も強豪で、水谷隼さんも入部しました。

大学1年生の2008年、北京オリンピックの日本代表に選出され、初のオリンピックで団体5位に入賞します。

北京オリンピックの水谷隼さん出典:JIJI.COM

大学卒業後は「スヴェンソン」と所属契約を結び、活動していきます。

その後も日本卓球界のエースとして活躍を続け、3度目の出場となる2016年のリオデジャネイロオリンピックでは、シングルスで銅メダルを獲得。

シングルスでのメダル獲得は日本人初という快挙でした。

リオデジャネイロオリンピックの水谷隼さん出典:日刊スポーツ

さらに、4度目の出場となる東京オリンピックでは、同郷の伊藤美誠さんとの混合ダブルスで金メダルを獲得

自身にとって初のオリンピック金メダルであるほか、新種目であることから、日本初・世界初の金メダルとなりました。

東京オリンピックを機に引退することを公言していましたが、今後の動向が注目されています。

東京オリンピックの水谷隼さん出典:テレビ東京

スポンサーリンク




水谷隼の家族構成・生い立ちまとめ

今回は、水谷隼さんの家族や生い立ちを調べてきました。

両親は自ら卓球団体を作るほどの卓球好きで、幼少期から隼さんをスパルタ指導していました。

また、兄と妹も卓球経験者で、兄はコーチとして活動、妹は大学でエースを務めたこともあるなど、みんな優秀な卓球選手でした。

両親の指導をはじめ、家族の支えを糧に一流の卓球選手に成長した水谷隼さん。

東京オリンピックでの金メダルは、本人も家族も本当に嬉しかったでしょうね!

今後どのように活動されていくのか、注目していきましょう!

スポンサーリンク