スポーツ選手

【顔画像】錦織圭の家族構成!父親は経営者で母はピアノの先生!姉は美人でテニス一家!

錦織圭の家族構成
スポンサーリンク

男子プロテニスプレイヤーの錦織圭さんは、東京オリンピックテニス競技・男子シングルスに出場することが確定しています。

これまで様々な成績を残してきた錦織圭さんには、どのような家族がいるのでしょうか。

この記事では

  • 錦織圭さんの家族構成
  • 錦織圭さんの父親、母親、姉の顔画像や年齢・職業・エピソード
  • 錦織圭さんの嫁(妻)の観月あことの馴れ初めや子供は?

についてまとめています。

スポンサーリンク

錦織圭の家族構成は4人!

錦織圭出典元:tennis.jp

1989年12月29日、島根県松江市に生まれた錦織圭さんは、5歳からテニスを始めます。

11歳の時には、元プロテニス選手の松岡修造さんの目に留まり「修造チャレンジトップジュニアキャンプ」に参加しました。

そして、13歳でアメリカに留学し、17歳でプロに転向。2016年のリオデジャネイロオリンピックでは銅メダルを獲得しています。

そんな錦織圭さんの家族は、

  • 父親:錦織清志さん
  • 母親:錦織恵理さん
  • 姉 :錦織玲奈さん
  • 本人:錦織圭選手

となります。

1人ずつ見ていきたいと思います。

スポンサーリンク




【顔画像】錦織圭の父親は経営者!

錦織圭の父親の名前・年齢・職業は?

錦織圭の父・錦織清志出典元:スポニチ

錦織圭さんの父・錦織清志さんは、島根県雲南市加茂町出身。

土木技術者として会社に勤めていましたが、現在は自営で仕事をしているようです。

土木系研究・技術者の仕事の内容とは、鉄道やトンネル、ダム、橋、上下水道などの建設に際して、計画、調査、設計、積算し、工事現場の指揮を執る。

引用:Benesse

2014年9月の「全米オープン男子シングルス準々決勝」の報道の際に、インタビューで喜びを語った際、父・錦織清志さんの年齢は「58歳」と報道されていました。

2021年には65歳となっていると思われますが、現在の顔写真等は公表されていません。

 

錦織圭がテニスを始めたきっかけは父のお土産

錦織圭、父・錦織清志、母・錦織恵理出典元:芸トピ

父の錦織清志さんは、小学生の頃から少年野球団で活躍していましたが、中学で野球部に入ると球拾いの日々が耐えられず、3ヶ月で退部したそうです。

その後、大学に入りテニスを始めた父の錦織清志さん。

地元のテニスサークルで錦織圭さんの母・錦織恵理さんと出会ったのだとか。

そんな、父・錦織清志さんが、会社勤めしていた頃、社員旅行でハワイに訪れた際、ジュニア用のテニスラケットを見つけ、当時5歳だった錦織圭さんと、9歳の姉のお土産として購入

この頃から、錦織圭さんと姉は、様々な習い事をしており、特に姉が夢中になっていたのが水泳でした。

しかし、父・錦織清志さんは、水泳は一緒にできないし、大会で泳ぐ姿がよく見えないと感じていたようで、

「でも、テニスなら、一緒に子どもたちと遊んでやれるよな」

という思いから、錦織圭さんと姉にテニスをさせます。

錦織圭、父・錦織清志、姉・錦織玲奈出典元:産経新聞

このジュニアラケットを手にしたことが、錦織圭さんのテニス人生の始まりとなりました。

当初は、家族で公園にてテニスを楽しんでいましたが、週末には、父の実家がある雲南市加茂町の加茂中央公園内のテニスコートで練習に励むようになります。

ちなみに、錦織圭さんの活躍後、そのテニスコートは、錦織圭さんの名前「ケイ」にちなんで、“Kコート”と呼ばれ、取材なども訪れ有名な場所となっています。

Kコート出典元:Instagram

スポンサーリンク




父子で優勝メダルを噛む

錦織圭出典元:ORICON NEWS

錦織圭さんは、テニスを始めて1年後から松江市内のテニススクールに通い、小学4年生から中国地方代表として活躍

2001年5月(小学6年生時)「全国小学生選手権」で優勝し、父子でメダルを噛みしめました。

錦織圭、父・錦織清志出典元:産経新聞

父・錦織清志さんいわく、錦織圭さんは大の負けず嫌い

だからこそ、錦織圭さんにとってテニスが楽しいものになり、長く続けられるようにと遊び心を取り入れながらテニスを教えたそうです。

また、厳しいことを言わなければいけなくなった時には、適度に受け流す力があった姉に言い、遠回しに錦織圭さんへ伝えることも…。

父・錦織清志さんは、子供たちの性格を考慮しながら指導していたんですね。

まさしく、この時の優勝メダルは、父子で勝ち取った!という感じだったのでしょう。

スポンサーリンク




放任主義の子育て

松岡修造、錦織圭出典元:Number Web

優勝した「全国小学生選手権」での試合を観戦していた、元男子テニス選手の松岡修造さん

錦織圭さんの天才的なプレーを見て、翌月に開催した「修造チャレンジトップジュニアキャンプ」に招待しました。

しかし、合宿に参加した錦織圭さんが、あまりにシャイで大人しく、表現力も乏しかったことから松岡修造さんは、メンタルトレーニングに力を入れます。

一方、錦織圭さんに楽しくテニスをさせていた父・錦織清志さんは、口うるさく言わず、サッカーやゲームなど他のことにも夢中になる錦織圭さんを見守っていたようです。

当時の錦織圭さんについては、リーダーシップはあまりなく、自ら率先して行動しないが、やらざるを得なくなると動くタイプだったそうです。

合宿で松岡修造さんの情熱を受けた錦織圭さん

後に、松岡修造さんについて感想を求められ「怖いイメージだった」と当時を振り返っていましたが、この時の合宿が世界への第一歩となったのは間違いありません。

ちなみにその松岡修造さんとは、日清食品のCMで共演しました。

松岡修造、錦織圭出典元:デイリー

スポンサーリンク




渡米する息子を励ます父

錦織圭出典元:ORICON NEWS

中学2年生時に、ジュニア選手のアメリカ留学をサポートしている「盛田正明テニス・ファンド(MMTF)」の選考会に参加した錦織圭さん。

そこで、アメリカのプロテニス選手を養成する「IMGアカデミー」のコーチに才能を見いだされ、アメリカに2週間の短期留学をします。

そして2003年8月末、当時13歳だった錦織圭さんは、基金の支援でアメリカ・フロリダの「IMGアカデミー」に留学するため単身渡米

この時、父・錦織清志さんは、不安がる錦織圭さんを励まし、日本人として自覚を持つように伝えたそうです。

ここまで息子を育てた父親としては、自分の前から去ってしまうことに寂しさを感じたのではないでしょうか。

しかし、父・錦織清志さんは「安堵した」と語っています。

実力を持った子供を成功させるには、親元を離れることも大切なのかもしれませんね。

父・錦織清志さんは、自分の役目は果たしたとホッとしたのだそう。

渡米先での錦織圭さんはというと、当初は英語も話せず、怯えた様子だったようですが、不満を言わず、他人を非難することなく自身の成長するためだけを考えて過ごします。

そして渡米した翌月、テキサス州のジュニア大会でベスト8、ダブルスでは準優勝!

留学生活では、様々な国の人がいて、英語を使ったりと、精神的に強くなったという錦織圭さんは、2007年9月には奨学選手修了となり、翌月10月にプロに転向します。

奨学選手修了の際には、日本テニス協会名誉会長であり、公益財団法人盛田正明テニスファンドの代表・盛田正明さんに感謝を述べました。

錦織圭、盛田正明出典元:スポニチ

ちなみに、盛田正明さんは、「2017年度国際テニス殿堂功労賞」を受賞

授章式には、盛田正明さんを“一番の恩人”と慕う錦織圭さんが登場しました。

おふたりとも嬉しそうな笑顔がステキですね。

錦織圭、盛田正明出典元:YAHOOニュース

スポンサーリンク




観戦席で里田まいと会話も

里田まい、錦織圭の父・錦織清志出典元:スポニチ

2014年9月、ニューヨークで行われた全米オープンテニスで、6年ぶりに16強入りを果たした錦織圭さん。

観客席では、ソフトテニスで高校時代に全国大会出場経験もある里田まいさんが、父・錦織清志さんと会話していました。

もちろん、錦織圭さんの母・錦織恵理さんと並んで試合を観戦する姿もありました。

錦織圭の父・錦織清志、錦織圭の母・錦織恵理出典元:スポニチ

スポンサーリンク




【顔画像】錦織圭の母親はピアノの先生!

錦織圭さんの母・錦織恵理さんは、2021年で61歳

ピアノの先生をしており、錦織圭さんには3歳の時からピアノを習わせていたそうです。

控え目な方との情報がありました。

激励金を代理で受理する母

錦織圭の母・錦織恵理出典元:産経新聞

2021年7月、島根県体育協会と県テニス協会が、東京オリンピックに出場する錦織圭さんに激励金を贈呈。

錦織圭さんが出席できないことから、母・錦織恵理さんが受け取りました。

母・錦織恵理さんはマスク姿ですが、上品で優しそうな雰囲気ですね。

スポンサーリンク




渡米を心配しながら…

錦織圭出典元:YouTube

また、錦織圭さんが出演した母のことを語ったCMによると、13歳でアメリカへと発つ際、母の方を振り向かなかったという錦織圭さん。

振り向きたくても、母親の顔を見ると余計に心細くなりそうだったのかもしれませんね。

そんな錦織圭さんを心配する気持ちを出さず、いつものように送り出したという母・錦織恵理さん。強い方だなと感じます。

 

応援席で喜ぶ姿

錦織圭の母・錦織恵理出典元:エントピ

2014年には応援席にいる母・錦織恵理さんが写されています。

心配しながらも応援する母親の姿を見て、錦織圭さんも試合を頑張れたことでしょうね。

家族の応援はスポーツ選手にとって、何よりも励みになるはずです。

そんな母・錦織恵理さん、時には、大きくバンザーイして喜びを表現しています。(下画像右側)

錦織圭の母・錦織恵理出典元:スポニチ
 

スポンサーリンク




 

【顔画像】錦織圭の姉もテニスプレーヤー!

錦織圭、姉・錦織玲奈出典元:NEWSまとめとりー

錦織圭さんと一緒にテニスを始めた4歳年上の姉・錦織玲奈さん。

あどけない錦織圭さんの姿が印象的ですね。

そんな姉・錦織玲奈さんは、島根県立松江北高等学校在学中に、インターハイへ出場しています。

2014年の全米オープンでは、観客席で心配そうに見つめる姉・錦織玲奈さんの姿がテレビに映り、「かわいい!」「美人!」と話題に。

錦織圭の姉・錦織玲奈出典元:Twitter

そんな姉・錦織玲奈さんは以前、神戸市のテニススクール、NPO法人「TASU-club(タスクラブ)」でコーチを務めていました。

錦織圭の姉・錦織玲奈出典元:TASU-club

情報によると、2013年頃に「TASU-club」の代表を務める中山輔さんと結婚したそうです。

中山輔さんは、小学生時代はサッカーに熱中し、中学からテニスに。

全日本ジュニア大会で優勝し、関西学院大学体育会硬式テニス部の主将も務めた方。

大学卒業後は一般企業へ就職しましたが、大学の先輩からテニススクールを受け継ぎ、2012年にNPO法人として「TASU-club」を立ち上げています。

「TASU-club」代表・中山輔出典元:TASU-club

2018年に「TASU-club」の公式Facebookへ投稿された写真には、子供を抱える女性の姿が写っていました。もしかすると錦織圭さんのお姉さんでしょうか?

「TASU-club」Facebook出典元:Facebook

スポンサーリンク




【顔画像】錦織圭の嫁(妻)は観月あこ!馴れ初めや子供は何人?

観月あこ出典元:スポニチ

2020年12月、元ファッションモデルの観月あこさん(本名:立花舞)と結婚した錦織圭さん。

2021年5月に第一子妊娠、年内に出産予定と発表しました。

観月あこさんは富山県出身の現在29歳(2021年7月現在)

高校卒業後、2010年に“山内舞”で、モデルデビュー

2012年に“立花舞”に改名。エイベックス・マネジメントに所属し、舞台「東京俳優市場(2012年冬)」で舞台デビューしました。

観月あこ出典元:YouTube

その後、ファッションショーやカタログのモデルとして活動。

2014年にバグジーヒーローズクラブに所属し、“観月あこ”に改名しています。

そんな、嫁(妻)の観月あこさんとは、2014年のオフシーズに知り合い交際がスタート

噂では出会いは西麻布のバーでの合コンだったという噂も…。

2015年7月には、仲良くデートする姿がスクープされました。

錦織圭、観月あこ出典元:NEWSポストセブン

スポンサーリンク




その後は、観月あこさんが錦織圭さんの海外ツアーに同行している姿が報道されています。

錦織圭、観月あこ出典元:デイリー新潮

情報によると、2017年頃の観月あこさんは英語が喋れず、誰かが側にいなければならなかったそう。

しかしその後、観月あこさんは、かなり勉強し英語が喋れるようになったようで、2018年には錦織圭さんのコーチのマイケル・チャンさんの娘と談笑する姿もスクープされていました。

観月あこ出典元:livedoor NEWS

観月あこさんは熱心に試合会場通っていたそうですよ。

観月あこ出典元:Smart FLASH

2020年1月には、原宿をデート中にスクープされました。

錦織圭、観月あこ出典元:FRIDAYデジタル

2020年12月、錦織圭さんと観月あこさんは結婚。

2021年年内には第一子が産まれる予定です。

スポンサーリンク




錦織圭の家族構成まとめ

今回は、男子プロテニス選手の錦織圭さんの家族構成やエピソードについてまとめました。

両親も姉も、テニスをやっていたというテニス一家で育った錦織圭さん。

家族のサポートや何よりも応援は、錦織圭さんにとってとても大きなものとなっていることでしょう。

東京オリンピックでの活躍はもちろん、今後の錦織圭さんの活躍に期待が膨らみます。

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

スポンサーリンク