スポーツ選手

【動画】大野将平が強すぎる!筋肉や礼儀もスゴイ!トレーニング方法も調査!

強すぎる大野将平
スポンサーリンク

2016年のリオデジャネイロオリンピックで金メダルを獲得した、柔道選手の大野将平さん。

大野将平選手の強さは圧倒的で、海外からも賞賛の声があがっています。

試合に勝利しても表情を崩さないクールさでも、人々を魅了していますね。

筋肉もすごいと話題ですが、どのようなトレーニングをしているのでしょうか。

今回は

  • 大野将平さんが柔道を始めたきっかけ
  • 大野将平さんの学歴や経歴
  • 大野将平さんの強すぎる柔道の動画
  • 大野将平さんの柔道に対する海外の反応
  • 大野将平さんの立派な礼儀
  • 大野将平さんの筋肉画像やトレーニング方法

について調査していきます。

スポンサーリンク

大野将平が柔道を始めたきっかけは?学歴や経歴を調査!

大野将平のプロフィール

大野将平さん出典:Wikipedia

日本柔道界のエースとみなされている大野将平さん。

クールな表情が印象的ですよね。

大野将平さんの簡単なプロフィールは以下の通りです。

大野将平のプロフィール

  • 名前:大野将平(おおの しょうへい)
  • 生年月日:1992年2月3日
  • 出身地:山口県山口市
  • 身長:170㎝
  • 血液型:O型
  • 階級:73㎏級
  • 段位:四段

1992年生まれの大野将平さんは、2021年現在で29歳です。

これまでさまざまな大会で優勝しています。

それでは、大野将平さんの詳しい学歴や経歴を見ていきましょう。

スポンサーリンク




大野将平の小学校時代!柔道を始めたきっかけは?

大野将平が柔道を始めたのは7歳

大野将平さんが通っていた小学校は、地元山口市にある公立の良城(りょうじょう)小学校です。

そして在学中の7歳の時、地元の「松美柔道スポーツ少年団」という所に入って、柔道を始めます。

当時のことについて、本人は次のように語っています。

以前から柔道に興味があった訳ではないのですが、兄が先に柔道を始めていたし親戚のおじさんが道場の先生をやっていたので、道場に遊びに行く延長で柔道を始めたという感覚ですね。

引用:柔道チャンネル

しかし、2000年のシドニーオリンピックの柔道をテレビで見たことがきっかけで、漠然とオリンピックに憧れるようになったそうです。

遊び感覚で始めた柔道で、後にオリンピックの金メダリストになるなんて、驚きですよね!

幼少期の大野将平さん出典:産経新聞

スポンサーリンク




大野将平の中学・高校時代!柔道の名門へ入塾!

中学校は、東京の世田谷区立弦巻(つるまき)中学校へ進みます。

山口県出身なのになぜ東京へ?という疑問が出てきますよね。

大野将平さんが親元を離れて上京したのは、講道学舎に入塾するため。

すでに2歳上の兄・哲也さんも講道学舎に入塾していたため、後を追うようにして上京したのです。

講道学舎とは、柔道界では有名なエリート養成私塾で、大野将平さん以前に3名のオリンピック金メダリストを輩出するなど、名門として知られています。

講道学舎出典:パーク24柔道部

しかし、入塾当初の大野将平さんは同期8名中7位にすぎなかったとされていて、当時はあまりのつらさに泣いてばかりだったといいます。

現在圧倒的な強さを誇っているだけに、信じられないエピソードですね…!

その後は世田谷学園高校へ進学。

運動部が盛んな学校であり、講道学舎の塾生を受け入れていることもあり、柔道の強豪としても知られています。

それまで目立つ活躍のなかった大野将平さんですが、ここで実力が開花し、2年生時のインターハイで優勝を果たします。

しかし、3年生時はケガに悩まされたこともあり、インターハイには出場できませんでした。

大野将平さんは当時を振り返り、「初めての挫折」だったと語っています。

スポンサーリンク




大野将平の大学時代!不祥事も?

大学は奈良県の天理大学へと進みます。

この大学も伝統的な柔道の名門であり、柔道を極めるために遠く奈良の地に進んだのですね。

そして1年生時にフランスジュニア国際大会で優勝すると、2年生時には世界ジュニアやワールドカップ・オーバーヴァルトで優勝し、3年生時にはグランドスラム・東京で優勝

さらに、4年生時には世界選手権の代表に選ばれ優勝するなど、まさに快進撃と呼べる活躍を見せました。

シニアで優勝する大野将平さん出典:eJudo

しかし同年、所属する天理大学柔道部の不祥事が発覚します。

それは、4年生の1年生に対する暴力事件で、暴力を振るわれたうちの1名は鼓膜が破れるなどした事件でした。

大野将平さんがこの事件にどれくらい関与したのかはあまりはっきりとしていませんが、柔道部主将としての責任もあり、高校は30日の停学処分に。

さらにその影響で、全柔連の強化指定選手から除外されるという憂き目にあいます。

順風満帆に見えた柔道人生でしたが、このようなつらい時期もあったのですね…。

スポンサーリンク




大野将平の大学卒業後は?オリンピックで金メダル!

大学卒業後は旭化成に所属し、順調に成長を続けます。

2015年の世界選手権で2度目の優勝を飾った後は、2016年のリオデジャネイロオリンピック日本代表に選ばれ、見事に金メダルを獲得しました。

金メダルを獲得した大野将平さん出典:毎日新聞

その後も2019年の世界選手権では3度目の優勝を果たすなど、その強さを維持しています。

現在では日本柔道界の不動のエースであり、東京オリンピックでの活躍が期待されています。

スポンサーリンク




【動画】大野将平が強すぎる!圧倒的な強さに海外の反応は?礼儀もスゴイと話題

大野将平の強さに驚きの声!海外の反応は?

大学入学後から世界で大活躍している大野将平さん。

その圧倒的な強さに、世間では驚きの声が。

 

そんな大野将平さんの強さがわかる、次の動画をご覧ください。

 

これは2019年の世界選手権の映像です。

大野将平さんの名前がコールされると大きな歓声が起こっていて、人気の高さがうかがえますね。

さらに、自分より体格の大きい海外の選手にも果敢に挑み、勝利しています。

そんな大野将平さんの強さに驚いているのは日本人だけでなく、この動画を見た海外の人々からも賞賛のコメントが寄せられています。一部を紹介してみます。

  • 大野はシンプルにすごすぎる。
  • 大野将平は柔道界のキング、彼は自分のリーグでは最強の選手だ…。
  • 彼は偉大な名人だ。美しい柔道をしている。私は彼の技術を学んでいる。
  • 大野将平はすごすぎる…。私にとっては井上康生とともに今までで最高の選手だ。
  • 大野将平は素晴らしい!相手もプロだから簡単には勝てないはず。しかし大野は最強だ!

大野将平さんの強さに驚愕する海外の人が続出していますね!

ちなみに、この時の世界選手権での優勝を伝えるフランスの柔道誌には、「73㎏級のモーツァルト」と紹介されたといいます…!

さらにもうひとつ、こちらの動画をご覧ください。

 

こちらは大野将平さんの投げ技を紹介している動画です。

見事な投げ技がさく裂していて、とてもカッコいいですね!

そしてこちらの動画にも海外の人々からのアツい反応が。一部を紹介します。

  • 投げ技の達人だな。すごい…。
  • この怪物に使えない技はあるんだろうか?すごすぎる…。
  • 阿部一二三と並んで、現在世界最高の技術を持った柔道選手だろうな。すさまじい…。
  • そんなに柔道ファンではないけど、彼がすごい技術を持ってるのはわかる。
  • めちゃくちゃ上手い。体幹のコントロールがすごくいいな。

このように、大野将平さんの柔道の強さは海外の人々から賞賛の嵐です

その圧倒的な強さは、世界中の人々を魅了しているのですね!

スポンサーリンク




大野将平の礼儀もスゴイ!

一方、注目されているのはその強さだけではありません。

大野将平さんの「礼儀」もスゴイ!と話題になっています。

このように、大野将平さんは試合に勝っても喜びを見せずクールにふるまい、試合後の礼をきちんと行います。

相手選手に深々と礼をするその姿は、日本だけでなく海外でも賞賛されているのです。

元世界王者で、在日3世の安昌林(アン・チャンリン)=韓国=に優勢勝ちした大野は深々と頭を下げた。敗れた相手に敬意を示す「礼」に、欧州の柔道ファンから拍手が注がれた。別次元の強さとともに、美しい「礼」は世界から称賛される。

引用:サンスポ

深々と礼をする大野将平さん出典:サンスポ

 

さらに、その礼儀正しさが認められ、なんと中学校の道徳の教科書にも掲載れました。

道徳の教科書に掲載された大野将平さん出典:Instagram

圧倒的な強さを誇る大野将平さんですが、このようにおごり高ぶることなく、相手への礼儀を忘れません。

これこそが「日本人の心」だとして、世界からも賞賛されているのです。

同じ日本人として、とても誇らしいですね!

スポンサーリンク




【画像・動画】大野将平の強さの秘訣は筋肉!トレーニング方法は?食事管理も徹底していた!

それでは、大野将平さんの圧倒的な強さはどこからくるのでしょうか?

ここからは、その強さの秘訣に迫っていきたいと思います。

大野将平は筋肉がスゴイ!

大野将平さんは、その強さを裏付けるように、筋肉がかなりスゴイのです!

大野将平さんの筋肉画像出典:Instagram

こちらはサウナで瞑想する大野将平さん。

腕や肩の筋肉の発達がすさまじいですね!

胸筋や腹筋も、バキバキに鍛えられています。

ポーズをとる大野将平さん出典:Twitter

こちらはポーズをとる大野将平さん。

腕の太さや胸の厚さがものすごいですね!

世間でも、その鍛え上げられた屈強な身体が話題になっています。

スポンサーリンク




大野将平のトレーニング方法は?

このようにムキムキの大野将平さんですが、いったいどのようなトレーニングを行っているのでしょうか?

まずはこちらの動画をご覧ください。

 

大野将平さんの稽古やトレーニングの風景を紹介する動画です。

柔道の稽古をする姿ももちろんですが、かなりハードそうなウェイトトレーニングを行っている風景も印象的ですね。

海外の選手にパワー負けしないようにと、2016年頃からウェートトレーニングにも本格的に取り組んでいるようです。

 

こちらは、なんと重さ120㎏のバーベルを軽々と持ち上げている様子です。

120㎏とは、素人には想像もできないくらいの筋肉ですね。

このようなハードなウェイトトレーニングによって、あのようなムキムキの筋肉が身についているのですね。

そして、その強力な筋肉が、海外の選手相手にも引けを取らない強さの裏付けとなっているのです。

ウェイトトレーニングをする大野将平さん出典:Twitter

スポンサーリンク




大野将平は食事管理も徹底!

ムキムキの大野将平さんは、体脂肪率が驚異の4.5%だといいます。

そして、低い体脂肪率を維持していることからも、食事管理もかなり徹底しているようです。

 

普段から「食事の自己管理は必要」だと語る大野将平さん。

1日の練習スケジュールに合わせて食べるものや量を調整しているほか、その日の自分のコンディションも考えて、微調整しているのです。

さらに柔道には付き物なのが減量です。減量中はさらに繊細な調整を行っているとのこと。

計量から試合までは、食べるものや量、タイミングに注意が必要です。

食べなければパワーが出ないけど、試合直前に食べ過ぎると、当然、身体が重くなりますからね。

試合当日はバナナ・おにぎり・ゼリーなどエネルギーになるようなものをメインに、試合ごとに少しずつ食べています。

引用:GO!GO!ごはん

このように、柔道の稽古やウェートトレーニングをハードにこなすことに加えて、食事の徹底した自己管理も、大野将平さんの強さにつながっているのですね。

スポンサーリンク




まとめ

今回は、大野将平さんの経歴や強さの秘訣について調べてきました。

遊び感覚で始めた柔道でしたが、その後柔道の名門に次々と入学し、次第に頭角を現していった大野将平さん。

リオデジャネイロオリンピックでの金メダルまでにも、紆余曲折があったことがわかりましたね。

しかし、そんな大野将平さんの圧倒的な強さ、そして礼儀正しさには、日本人だけでなく海外からも驚きや賞賛の声が届いています。

そして、血のにじむようなトレーニングや徹底した自己管理が、大野将平さんの強さの秘訣であることもわかりました。

今後のますますの活躍から目が離せませんね。

東京オリンピックでの2連覇にも期待して、今後も注目していきたいです!

スポンサーリンク